太陽光発電って何?今さら聞けない発電方法の特徴


太陽光発電とはそもそも何か

太陽光発電がよく話題に上るようになって利用されているケースも増えてきました。ただ、話に聞いたことがあるだけで本当はどういうものなのかがわからないという人もいるでしょう。有名になってしまうほど人に聞けなくなってしまうものなので、まずはそもそもどんなものなのかを確認しておきましょう。太陽光発電とは太陽から発されている光のエネルギーを使って電気を作り出す技術です。太陽光には熱のエネルギーもありますが、電気に変えているのは光であって熱ではありません。光を吸収して電気エネルギーに変換する回路が太陽光発電パネルに組み込まれていて、太陽光が当たっている間は光のエネルギーの大きさに応じて電気を生み出しています。

太陽光発電が注目されている理由

太陽光発電の基本的な内容がわかったところで、なぜそんなに注目されて話題になっているのかも確認しておきましょう。太陽光発電が注目を浴びているのは再生可能なエネルギーの中でも一般の人にとって最も身近にあるからです。石油燃料や核燃料を使う発電方法は社会を永続させるには適したものではなく、再生可能なエネルギーとして水力や風力、地熱などが注目されて発電方法が開発されてきました。その中でも太陽光発電はパネルがあれば太陽光の当たるところなら発電できるのが特徴です。家庭でも屋根の上やベランダなどにパネルを設置すると電気を作れます。そのため、個人でも電力問題に貢献できるという点で大きな話題になっている方法なのです。

売電時の太陽光発電の価格は下がっていますが、初期費用も下がっていますので、導入はしやすくなっています。