トラック運転手など運転手を派遣する派遣会社がある


派遣されるドライバーとは

タクシードライバーやトラック運転手、バスの運転手などひと言で運転手といっても様々な種類があります。また働き方も様々で正社員として働いたりアルバイトやパートなどがあり、それぞれの働き方によって福利厚生や賃金などが違います。派遣は雇用契約を派遣会社と結び各企業へ派遣されますが、運転手という職業も派遣されるのです。あまり聞き慣れない運転手の派遣ですが、働く側にとってどのようなメリットがあるのか気になりますよね。派遣社員であっても勤務時間など条件をクリアすれば厚生年金や社会保険などが適応されたり、勤務時間や出勤日数など希望に添った働き方ができます。派遣として運転手が求められる背景にはドライバー自体の確保が難しい、という現実があります。

なぜ運転手の派遣を求めるのか

運転手を派遣してもらう企業としては運転手の雇用確保が難しいという理由だけではなく、景気の動向や繁忙期など必要なときに必要な人材を確保したいという思いもあります。自社で雇うと繁忙期にだけ派遣で運転手を確保をすることは難しく、一方で雇用契約を結んでしまうと業績や景気により雇用の維持が難しくなることもあるのです。運転手といってもトラックの運転手だけではなくフォークリフトやニ輪車、バスなど多岐にわたります。また企業によっては社用車や役員車の運転手や来客者の送迎を担当する運転手などを求めていることもあります。あらゆる車種に適応できるよう日々の積み重ねを大切にし、身だしなみや基本的なマナーなどを身につけておくことも大切です。

運転手の派遣は経験豊富なプロが対応してくれるため、確実な運行スケジュールと快適な乗り心地を実現してくれます。