営業を委託したい!テレアポから始めよう!


テレアポは代行が効果的

営業業務を一部代行してもらいたいと思ったときにはテレアポを検討しましょう。テレアポは代行を依頼するのが効果的な営業だからです。電話によって顧客リストに連絡をして、資料請求の依頼を受けたり、訪問営業の日時を取り付けたりするのが典型的な業務でしょう。この際に重要なのが興味を持つきっかけを与えることであって、取り扱っている商品やサービスの詳しい説明ではありません。そのため、社内の優秀な人材でなくても電話営業のコツさえ知っていればアポを取れる可能性が十分にあるのです。むしろテレアポに強い業者に代行を依頼した方が、社員やアルバイトなどの教育に時間を費やさなくても高度なノウハウを持っている人に担当してもらえるので合理的なのです。

料金プランをよく考えよう

テレアポを代行してもらうときには料金プランを吟味するのが大切で、コストパフォーマンスに直結します。一般的にはコール課金型と成果報酬型の二種類があります。コール課金型はコール一回あたりいくらという形で料金が決まるのが特徴で、アポを取れたかどうかは費用に影響がありません。それに対して成果報酬型はアポ一つあたりいくらと定められていて、コール数は料金に加味されないのが特徴です。成果報酬型が一般的には好まれていて、アポを取れたら売上につながる可能性があるので料金を支払っても良いという気持ちになるでしょう。ただ、単価が高いという影響もあって、安上がりなコール課金型を選ぶケースもあります。

営業代行は顧客ニーズ分析、DM作成、飛び込み営業など要望に合わせてさまざまなサポートを提供します。サービス業や流通、不動産などあらゆる業種に対応可能です。